つるつる素肌への憧れ

女性として無駄毛の処理をしたいと思うことは、皆様お有りですよね。
何故、こんな処に毛が生えてくるのか、出来れば全身脱毛してしまいたいと考えること、一度や二度じゃないと思います。

けれどエステは敷居が高い、または恥ずかしいなどの理由で、なかなか踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

因みに筆者が気になっている部分は脇、膝下、眉(顔)、Vラインなど最低限お手入れが必要な部分です。
ホルモンバランスが崩れているために、とても産毛とは口に出来ない毛の太さなんですね。

私の場合は、エステで見られるのが恥ずかしいと言う理由で、家庭用脱毛機を使っていますが、やはり時間がかかるし思うような結果は得られないこともしばしばです。
以前は剃刀処理なと゛行っていましたが、もはや剃刀では太刀打ち出来ないと判断しての事です。
女性にはお勧めという大豆食品、豆乳などを摂っても、大して変わらず、ノースリーブの服など夢のまた夢という悲しい現状です。

けれど、夏は生足で歩きたい。
もう、誰かに見られているのではないか、脱毛残しがあるのではないかというびくびくした気持ちとは、お別れしたいという気持ちも強くなって来ました。

そのうち、男性のように立派な髭が生えてきたらどうしようという怖さも有ります。
まさかね、なんて笑い話にしていますが、内心笑い事じゃないのです。

エステに行くのは一瞬の恥、行かないのは一生の恥。
現在は良いお店を探すのに、サイト巡りなどをしている日々です。
佐賀県に住んでいるのでそんなにいっぱいはないみたいなんです。
参考 佐賀県で脱毛するならココ!!【佐賀のおすすめ脱毛サロン】

脱毛は女性の嗜み。いつまでも綺麗な女性でいたいものですね。

女はムダ毛の処理に忙しい

むだ毛というぐらい、無駄でほんとにめんどくさいのがむだ毛処理である。
主にワキ、腕、足である。専門のお店で処理してもらうのが楽だしいいのだけど。正直お金もかかるし、人にやってもらうのは抵抗があったりする。なので、自己処理を行うのだけども、これも骨が折れる。特に肌の露出が多い夏には頻繁に行わなければならないし、夏場の方が毛が伸びるのが早く感じる。なのでその分、毛を剃る回数が増えるので肌にダメージが来る。手っ取り早く済ますために剃刀を使う。

ただ剃刀の切れ味が悪かったりすると肌がヒリヒリする。また、専用のクリームを使った方がいいと思う。石鹸だと肌を傷めやすいように感じる。剃った後はやっぱり、化粧水やクリームをつけないと肌が痛いね。

ただ、剃刀だとどうしても黒いぽつぽつが残ってしまうのでそれを毛抜きを使ったりしなくちゃならない。剃刀だと、2・3日たってくるとすぐに毛が目立ってくるのでまた剃らなくちゃならない。

日数を開けずに頻繁に剃刀で剃っていると肌が痛んでそのうえ色素沈着になりやすい。ワキは色素沈着になりやすいように思う。この色素沈着というのは厄介なもので、一度色素沈着になって黒ずむとなかなか元の色に戻らない。そう考えると専門のお店でしてもらった方がいいなと思う。

どうしても自分でやりにくいのが背中である。背中は自分で見れないし、それに手が届きにく。だけど背中にも結構、毛がモジャモジャしているから侮れない。もう、そう考えると、うなじも剃らなくちゃだし、指にもうっすら毛が生えてるし、もう全身を永久脱毛したくなる。

調べてみると医療脱毛をクリニックで全身しても意外と安いことがわかってきた。本気で考えてみようか。
参考 医療脱毛クリニック料金比較サイト

美容・エステでの脱毛について

みなさまは、どのような方法で脱毛をしていらっしゃるでしょうか。
過去と異なり現代は、カミソリを使用するなんてことをせずに脱毛サロンを利用する人たちが多くなっています。

わたくしが10代だったころは、これと言って目立つようなサロンというのがなかったです。
また20代すれのころに「エステ」のブームに火が付いたのですけど、入会金や年会費をはじめに利用するためのお金が必要でした。

わたくしも「美容」という言葉に弱いのか、当時はブームに乗りたく思い何度サロンを利用してみようと考えた分かりません。
もはやはじめに何万円の投資をする必要があり、これだけでも大きな負担になりますし、年にきちんとお金が払えるかという不安もあり、結局はサロンに通ってみた試しがありませんでした。

そんな自分ですけど、人気のサロンが実施していた電話のクイズでクーポン券を当ててトライアルにチャレンジしてみたことがあります。
この時に興味を持っていたのは、ダイエットや脱毛なのですけど、やたらと費用面がかかることから簡単なフェイシャルを体験しました。

約20分とスピーディな肌のスキンケアだったのですけど、意外と効果があるようで、当日だけで目元の薄い沁みが消えたのはサプライズです。

現在は、だいぶ「エステ」のコース料金というのも安くなっていることから、メディカルサロンに通って腕の脱毛を受けています。
みなさまも「美容」に興味があるなら上記のことをご参考ください。次に今気になっているのがVIOラインといわれるアンダーヘアの脱毛です。腕が一通り終わったら挑戦してみようかなと思っています。

VIO脱毛の参考URL VIO脱毛情報サイト

脱毛サロンと自己処理

8年前頃からワキの脱毛に通ってました。ミュゼがオープン時で制限なく8千円でした。
最近では、殆ど生えてこないので行ってません。ミュゼは人が多いので予約が取りづらかったです。

バースデーカードなどで他のパーツもやった事あります。足などは気になるものの回数制限があるししませんでした。
施術の時間自体は殆どかからず会社帰りなど近場にしました。
脇の毛は一番気になりますが、黒ずみもかなり気になります。特別にケアもしてないですが、できれば肌色になりたいです。
10代の頃が一番毛を気にして週1回くらいで処理してました。

今30代ですが、ふと気づきましたが年を重ねる程毛が細く薄くなっていると思います。
カミソリで手や足の自己処理しますが回数が明らかに減ってます。もともと濃くないのでしょうが、10代の頃は毛が特にしっかりしてました。
まぶたや胸の辺りにも一本とか生えてきます。
毛の存在自体にイラっとしますが、見栄えが良くないので毛抜きか指で引っこ抜きます。

脇もサロン通いは必要ないけど、いつもなぜか数本生えてくる場所は一緒です。鼻の下の産毛処理はもっと回数が少ないです。
やはり若い頃のが濃くて定期的に洗顔の時に処理してました。
アンダーヘアは私の場合多くなったらハサミで処理してます。Vラインとか、ブラジリアンワックスとか恥ずかしくてしてません。
本当は整えた方がいいのでしょうが。自己処理だと、剃り残しがあったりするのでそれが面倒です。
やはりもう一度サロンに通ってみようかなと考えています。今度はワキの脱毛ではなく思い切って全身脱毛コースでもいい気がします。

全身脱毛っていってもけっこう安くできるんですね。

家庭用脱毛器でラクラク全身脱毛

学生時代からムダ毛の処理で悩みました。
ほとんどの部位もムダ毛が濃かったのでとてもつらかったです。
中学生の時などは水泳の時間があっても、この年齢で腋を気にする子たちは
いるのかしらと思うほどでした。
高校、短大を卒業して社会人になってからは電気カミソリで処理をしていたものを
脱毛器に切り替えました。
脱毛器はとてもいい物との出会いがあったと思います。
初めの1台は替え刃がなかったですが、処理がスムーズにできて数年間活躍してくれました。
2台目の今の脱毛器はブラウンのシルクエピルというものですが、足腕用の他に腋用の替え刃がついています。
そして、ボディには小さなランプがあるので、処理残しのチェックができるてとても便利です。
替え刃があるというのはすごく助かります。デリケートなワキは皮膚も柔らかく
湾曲した部位になるので、処理の時に不安になりました。
ですがそんな不安は必要ありませんでした。ヘッドの先が緩やかに動きます。
湾曲した部位に沿ってゆっくりと作動するため使いやすいのです。
驚いたのはあれほど剛毛だった腋にはほとんどと言っていいほど生えてこなくなりました。
毛根から処理をするため次に生えてくる毛が徐々に薄くなりました。それを繰り返すうち腋は毛穴も埋まってしまいました。
足腕用の方も満足のいく処理ができます。やはり脱毛器は便利だと思うのは、電気カミソリと違って毎日のお手入れが必要ないところです。
お手入れの回数もどんどん減るほど、脱毛器のお陰でムダ毛が薄く少なくなっていきました。
サロンへ通うことなく家庭用脱毛器で全身脱毛処理ができるのは本当に助かります。
ほんとちょっぴりサロンにも興味がありますが、今のところはお金もあまりないので通えそうにありません。
どうせ通うならいつか全身脱毛もしっかりやりたいななんて思います。
参考までに安い全身脱毛を探してみました。

脱毛器購入のさいのポイント

脱毛器で脱毛をしていく、というふうに決めたとしても、いったいどの脱毛器がベストなのか、なかなか判断に困るというひとも多いのではないでしょうか。つまりどういうことかというと、やはり脱毛器というのは数がとても多くリリースされています。そういった状況ですから、どういったポイントで選んでいったらよいのかわからない、といういひとも多いだろうということです。
どれも魅力的な惹句がついていて、どれもよさそうに見えてしまうかもしれません。ですが洋服のようにそれなら数種類購入してきまわす、という選択はできないですし意味がないわけです。脱毛器はひとつあれば足りますし、何台もあっても邪魔なだけです。それに洋服のようにオークションに出したら定価より高く売れた、ということもないわけです。
ですから、購入のときはベストな一台を選ぶべく、より慎重になるべきだといえるでしょう。たしかに脱毛器は以前にくらべると安くなっていますが、それでもまずいお菓子を買ってしまってほとんど食べずに捨てるのとはワケが違います。

では、どういったポイントで選んでいけばいいのか、という話に移っていきます。この点、基本的には脱毛方法に着目していくのがひとつのポイントになってくるとおもいます。つまり、もしかするとどの脱毛器も同じように見えるかもしれません。しかしながら、その脱毛方法は似たような形をしていてもまったく違うということがよくあります。
大きく分けてレーザー脱毛式とフラッシュ脱毛式のものです。このうち、より高い効果をもとめるならレーザー脱毛式、痛みのすくなさや処理のスピードを重視するのならフラッシュ脱毛式ということになります。
このポイントに着目して選ぶとよいでしょう。

夏の基本的な美容法と、通年美容法

私が、普段から気を遣っている美容法は、日焼け止めを徹底して塗る
ということです。
日差しの強い時期なら、だれでもやっていそうなそんな当たり前のこと?
と思う方もいるかもしれません。
私は、日焼け止めを塗る習慣が一切なかったため、去年、日焼け止めを
塗らずに夏に外に毎日のように出かけてしまい、丸一日肌をさらしていました。

この件で、日焼け止めを塗らずに外出して肌を日焼けさせることが、
どれほど害があるのかということを、身を持って体感することができ、
良い学習機会にもなったからです。
それほど、日焼けの悪影響は、美肌の大敵だったという結果でした。

まず、太ももには大きなシミができてしまいました。
ひざ下も、細かいシミができてしまいました。
左の頬にも、比較的大きい薄いシミです。
薄くても、すっぴんになったときの薄い大きなシミというのは、
見た目年齢を大きく上げてしまいます。
精神的にも悪影響です。
日焼け特有のシミも、右のこめかみ部分にできてしまいました。

たったワンシーズン日焼け止めを塗らずに、毎日のように真夏日
に外にいただけで、ここまでの被害です。

この件で、完全に学習した私は、1分でも2分でも真夏日は特に、
直射日光に当たらないように徹底しています。
日傘を必ずさしたり、数分程度、屋外に出るためにわざわざ
日焼け止めを濃く、たっぷりと塗ります。
新しいシミができる可能性を考えたら、このくらいなんてことは
ありません。

田舎で暮らしているので、ブヨもうじゃうじゃいます。
ブヨに大量にさされてしまって、完全に跡形になっています。
顔にも大量にさされてしまって、顔にも跡形が残っています。

メイクでなんとか隠すことはできますが、夏は、虫よけスプレーも
徹底して肌にふきかけています。顔には直接かけられないので、
首まで濃く吹き付けて臭いで逃げるように工夫しています。

一番外せない、独自の美容法は、ほうれい線対処です。
アユーラのビカッサプレートと、超音波美顔器を、2日おきに
かけて、ほうれい線にせっせとアプローチしています。

この作業をやらないと、ほうれい線が、ぱっきりと濃いままで
なまずのようになってしまうので、この作業は絶対にはずすことは
できません。

 

美容、若いときと今では変わりました。

40代半ば、パート主婦です。 人一倍「美容」には関心があります。 まず、ダイエットは私の生活に欠かせない要素です。 子どもの頃、ぽっちゃり体型をからかわれた経験から 絶対に太りたくないと脳みそに深くインプットされているのです。 私がパートに出ているのは、美容にかかる費用をかせぐためでありますが、何より太らないため、体系維持のために働いているといってて過言ではありません。 私の美容遍歴は、年齢によって変化してきました。 若い頃はOL生活していたので収入があったこともあり、 美容にはふんだんにお金を使いました。 脱毛には乗用車一台買えるくらい支払いましたし、松田聖子ちゃんがやっていると聞いて「フルーツ酸ピーリング」もしました。黒い手袋を顔にあてる「リフティング」もしました。 それから、高価な化粧品もたくさん買いました。 海外の高級ブランドからはじめ、国内の自然派化粧品、科学的根拠に基く高額化粧品、いろいろ使いました。ファンデーションを特注オーダーしたこともあります。今思えば、若くて美しい黄金期だったと思います。 ところが、30代になって考えが変わりました。 結婚退職・出産を経て、主婦として自由に使えるお金が激減したことが背景にありますが、きれいになるには根本的な部分を無視できないと思うようになったのです。 キレイを維持するには「健康」が何よりも大事だと考え始めたのです。 40代の今は、若いときのような無理なダイエットはしていません。 3食バランス良く食べ、エクササイズもしっかりしています。 40代からは筋肉が減るというので、暑い季節は週3回のスイミング、寒くなると週1~2回のトレッキングにでかけています。 食事と運動に気をつけると、肌の調子がすこぶる良くなりました。 いまでは石鹸で洗顔し、スーパーで買ってきた乳液を塗るだけ、安いBBクリームで肌のお手入れは完了です。 化粧品にお金をかからなくなった分、今は美容院で髪の手入れを(白髪染め等)、歯科で歯を治したり、歯のホワイトニングをしています。 やはり髪が白いと老けて見えるし、歯が黄色いと老けて見えるばかりか、 それだけで息が臭く感じられるからです。 省くところは省き、かけることろにはかける、私の美容はこれからも続いていくと思います。